胸部CT

胸部CTとは

胸部CTとは、胸部の断層写真を画像に表すもので、肺がんや胸部の病気が疑われた時に行われる検査です。今では、肺がんの診断に欠かさず行われています。

胸部CTで見つけられる疾患

咳や痰、胸部の痛みがあり、胸部レントゲン検査で異常が認められた時に胸部CT検査を行います。胸部CTで見つけられる疾患は、下記です。

・肺がん

・肺結核

・気管支拡張症

・気胸

・胸部大動脈瘤

・心疾患

この中でも、肺がんの診断には欠かせない検査となっています。

肺がんについて

肺がんは日本人の死因で最も多い病気です。肺がんの主な原因は喫煙で、その他にアスベストやヒ素などが挙げられます。
肺がんになると、咳や痰、呼吸困難、肺の痛みなどの症状が表れます。しかし、初期の肺がんでは症状が出にくく、早期発見が難しいのが事実です。咳などの症状が続く場合は、医療機関を受診し、肺がんの早期発見を目指しましょう。

 

胸部CT検査と胸部レントゲン検査の違い

通常の人間ドックで行われる身体検査や血液検査、心電図に加えて、下記の検査を行います。

胸部レントゲン検査

胸部レントゲン検査は、胸部にX線をあてて二次元的に内部を観察する方法です。一回の撮影で肺全体を観察することができるため、被曝量も少なく済みます。
レントゲン撮影では、癌細胞は健康な細胞より少し白っぽく映ります。しかし、骨や心臓などの白く映るものが障害となって、判断が難しいことがあります。

胸部CT検査

胸部CT検査では、胸部を輪切りに撮影し、3次元的に内部を観察することが出来ます。レントゲン撮影に比べて撮影時間が長く、被曝量も多くなりますが、骨や心臓に邪魔されず癌細胞を見つけることができます。
また、検出感度が高く、レントゲン検査では検出が難しい2センチ以下の小さい癌を見つけることが可能です。

 

検査方法

検査にかかる時間は、15分ほどで、その間に痛みを伴うことはありません。

検査の流れ

検査当日
朝は食事をとってはいけません、水分を補給することは可能です。

検査前
検査着に着替え、腕時計やアクセサリー類などの金属は外します。

検査中
CT装置の台に仰向けで寝て、固定します。造影剤を用いる場合は、静脈から造影剤を注入します。撮影時は、仰向けで両腕をあげた状態で撮影します。放射線技師の指示に従って、息をとめます。

注意点

検査後は造影剤を早く排泄するために、水分を多く取りましょう。狭い空間で撮影するため、閉所恐怖症の方は事前にご相談ください。

 

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.