胃カメラ

胃カメラ

胃カメラ検査では、鼻または口から内視鏡を挿入して、食道、胃、十二指腸などの消化器を検査します。一般的に内視鏡検査は苦しいイメージがありますが、今では医療機器の改善や麻酔薬の使用により、苦しくない胃カメラ検査が可能です。

胃カメラでわかる病気

胃カメラ検査では、上部の消化器を直接観察するため、バリウム検査では診断できない病変を発見することが可能です。

- 胃 -
急性胃炎
慢性胃炎
胃潰瘍
ポリープ
胃がん
ピロリ菌の有無

- 食道 -
逆流性胃腸炎
食道がん
パレット食道

- 十二指腸 -
十二指腸潰瘍

こんな症状がある方におすすめします

・食後に胃が痛む

・食事を食べるとすぐにおなかがいっぱいになる

・おなかが張る

・みぞおちがきりきり痛む

・胸焼けがある

・口の中が苦い

・ゲップが多い

・食事に関係なくずっと胃が痛い

・黒っぽい便がでる

・貧血症状がある

・吐血してしまう

・ピロリ菌が気になる

・胃がん家系である

胃カメラ検査の種類

経鼻内視鏡検査

鼻から内視鏡を挿入して検査を行います。

メリット
胃カメラ検査において一番の苦痛である嘔吐反射がでにくい検査です。嘔吐反射は、舌の奥の方と言われており、経鼻内視鏡検査の場合は舌の奥をこすらないため、嘔吐反射が出にくいと言われています。

デメリット
カメラが細いため、胃の粘液や胃液を吸引するのに時間がかかり、検査時間が長くなってしまいます。また、カメラの画質も経口検査に比べて劣ります。

経口内視鏡検査

口から内視鏡を挿入して検査を行います。

メリット
経鼻検査に比べて画質がよく、カメラが大きいため検査時間を短縮できます。

デメリット
嘔吐反射がでることがあります。

検査をうける際の注意点

検査前日は20時までに食事を済ませて下さい。検査当日は朝より絶食となりますが、お水、お茶、スポーツドリンクなどは飲んできていただいてかまいません。 検査時間は20分程度です。(ポリープ切除があるときは1つにつき5分から10分プラスで時間がかかります。)その後検査結果が出ましたら、外来診察室で結果説明となります(麻酔のお薬を使用された方は1時間ほどお休みになっていただいてからの結果説明となります)

料金・コース

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.