就職時・雇用時の健康診断

就職時・雇用時の健康診断とは

就職時に企業に健康診断の結果を出す必要があります。企業によって追加項目がありますが、労働安全衛生規約に基づいた診断項目は下記です。

・既往歴および業務歴の調査

・自覚症状および他覚症状の有無

・身長、体重、視力および聴力の検査

・腹囲の測定

・胸部X線検査

・血圧の測定

・尿検査(血中の糖および蛋白の有無の検査)

・貧血検査(赤血球量、血色素量)

・肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)

・血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセリン)

・血糖検査

・心電図検査

健康診断を受ける際の注意点

・飲酒は前日の21時までに済ませてください。

・検査当日の喫煙はお控えください。

・検査開始前の食事はお控えください。

・コーヒーなどのカフェインを含む飲料は、検査開始の1時間以上前までに摂取してください。

・心臓病、糖尿病、高血圧症などで治療中の方は、普段通り服薬してください。

・アクセサリー類は全てはずしてください。

・尿検査がある場合、検査直前のお手洗いはお控えください。

・企業から所定の用紙での提出が必要な場合は、事前にご相談ください。

 

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.