がんドック

がんドックとは

がんドックとは、がん発見に特化したがん専門ドックです。

がんについて

現在、日本において2人に1人は何らかのがんにかかると言われています。全ての人にとって、とても身近な病気です。 がんは生活習慣の見直しによって、予防をすることが可能です。しかし、完全に防ぐことはできません。様々な要因が長い年月にわたって関係して、発症します。

主な検査と診断方法

血液検査

腫瘍マーカーを用いて、特定の物質が増えていないか調べます。体への負担が少なく、簡単に調べることが可能ですが、正常な状態でも腫瘍マーカーに変動があることがあるため、腫瘍マーカーの結果だけではがんと診断することはできません。

超音波検査

超音波(エコー)を発生する装置を体の外からあて、内部を調べます。痛みがなく、体への負担が少ない検査です。

レントゲン検査

X線を用いて、体の内部を調べます。胸部、骨・軟部、乳房、腎盂(じんう)・尿管、上部消化管(食道、胃、十二指腸)、下部消化管(大腸、直腸)などの検査があり、バリウムや造影剤などを使ってより詳しく調べることもあります。

CT

X線をあてて、体の断面図を撮影します。場合によっては、造影剤を飲んで撮影をすることがあります。

内視鏡検査

のどや消化管を体の中から撮影して、観察します。病変を直接確認することができます。

病理検査

組織を採取して、細胞の性質を調べます。

 

当院のがんドック

女性用がん検査セット

詳しく

 

 

男性用がん検査セット

詳しく

 

 

CT胸部+腫瘍マーカー

乳がん検査

乳腺エコー検査(ABUS)

腫瘍マーカー(CA15-3+CEA)

詳しく

 

 

前立腺がん

腫瘍マーカー(PSA)

 

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.