乳がん検診

乳がん検診とは

乳がんにかかっていないかどうか検査をすることです。問診、視触診、マンモグラフィや超音波(エコー)を用いた検査などがあります。このような検査で乳がんの発見や、良性か悪性かなどを診断することが可能です。

受診をすすめる方

乳がん検診の対象者は、40代女性とされており、2年に1回の間隔で受診するように言われています。

検査の種類

乳がんの検査は様々な種類があります。

マンモグラフィー検診

乳房専用のレントゲン写真を使用した検診のことです。放射線の量が少なく、安全に検査を受けることができます。

検査方法

透明な圧迫板で乳房を挟み、引っ張りながら圧迫し薄い状態で撮影します。より細かいことまで分かるうえに、より少ない被ばく量で済むと言われています。

超音波検診

マンモグラフィー検診の場合は、しこりが見つからない乳がんのケースでも早期発見することが可能です。しかし、閉経前の方の場合は、乳がんを発見することがとても困難です。
一方、超音波検診では、がんは黒く映し出されます。しかし、良性のがん細胞も映し出すため、悪性か良性かの判断はとても重要です。

検査方法

胸に直接超音波の機械をあて、専用のゼリーで滑りやすくかつ密着しやすくして検査をします。

乳がん検診の流れ

一般的な一次検診は、問診・マンモグラフィーです。
現在、視触診は推奨されていませんが、行う場合は、マンモグラフィーと併用することがあります。
一次検診を受けて、結果に異常が無い場合はそこで終わりです。定期的に検診を受けるようにしましょう。一次検診で異常があった場合は、二次検診を受ける必要があります。さらに精密な検査をして、本当に乳がんがあるのかを検診します。そこで異常が無い場合は問題ありませんが、もし発見された場合にはその日から治療を受ける必要があります。

詳しく

 

 

乳がんのセルフチェック

乳がんは、がんという病気の中でただ1つ、自分で発見が可能ながんです。月に1度の自己触診で早期発見にも繋がります。また、自己触診は費用もかかりませんし、普段の生活の中で簡単にできる方法なので是非、チェックしてみてください。

チェック方法

1. 自己触診する乳房とは逆の手を使って、乳房と脇の下のリンパ周辺にしこりがないかどうかしっかり確認してください。

2. 乳房、乳首をしぼって分泌物が出てこないか確認してください。(妊娠・授乳期を除く)

3. 両手をあげて鏡の前に立つ。鏡で乳房に凹みなどが無いか、左右の差がないか確認します。

4. 寝そべった状態で脇や乳房を調べましょう。

しこりや、違和感を感じた場合は、すぐに婦人科で検査しましょう。

 

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.